※弊店は12/27-1/8までお休みを頂きます。(26日午前までの注文は発送いたします)期間中の注文や質問はお受けできますが、発送は9日以降となりますことをご了承ください。

| | |











経験としての建築

E・S・ラスムッセン著、美術出版社 1968年、236ページ、size:150×205mm、日本語。

ヨーン・ウツソンが師事した建築家E・S・ラスムッセンが自身の建築理論をわかりやすく解説した書籍。タイトルにもあるように「経験」を重視した視点から建築を解説。わかりやすい平易な文章で書かれているが、その内容はとても深いです。

目次

序文
第 1章 基本的な考察
第 2章 建築における充実体と空洞
第 3章 充実体と空洞の効果の対照
第 4章 色彩面として経験される建築
第 5章 スケールとプロポーション
第 6章 建築におけるリズム
第 7章 テクスチュアの効果
第 8章 建築における昼光
第 9章 建築における色彩
第10章 建築を聴く

状態:箱に少しの傷みとヤケ、本体にもヤケはありますが、閲覧に問題ない状態です。裏表紙の見返しに値札。


経験としての建築
販売価格:

3,476円(税込3,754円)



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

>トップページに戻る