| | |











特集:モダニズムの33人 モダニスト再考-海外編 建築文化1999年5月号

彰国社 1999年、166ページ、ソフトカバー、size:230×305mm、日本語。

モダニズムの代表的建築家33人を日本の建築家・批評家が論考によって再考しようという一冊。

・オットー・ヴァーグナー:装飾と価値真空 田中純
・ルドルフ・シュタイナー:神殿の世俗化 田中純
・フランク・ロイド・ライト:クリティカル・リージョナリズム以後 暮沢剛巳
・チャールズ・レニ―・マッキントッシュ:マッキントッシュ神話とデザインの地政学 田中純
・ペーター・ベーレンス:計画される「芸術」 田所辰之助
・アドルフ・ロース:ポチョムキン文化への加重暴力 大島哲蔵
・ピート・モンドリアン:新造形主義の夢想 暮沢剛巳
・オーギュスト・ペレ:2の葛藤 後藤武
・アイリーン・グレイ:グレイの「ヒンジ的なるもの」 川上比奈子
・テオ・ファン・ドゥースブルフ:「協同」と「対立」の狭間 奥佳弥
・グンナー・アスプルンド:スケールの攪乱 後藤武
・ルートヴィッヒ・ヒルベルザイマー:建築の無化としてのアーバニズム 大島哲蔵
・ミース・ファン・デル・ローエ:無柱空間と自由壁の原理 槻橋修
・ルドルフ・シンドラー:奔流はどこにも帰属しない 大島哲蔵
・ル・コルビュジエ:コルビュジエの欠如体 岡田哲史
・ヘリット・トーマス・リートフェルト:事物と概念の<あいだ>に立つ者 南泰裕
・ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタイン:超越論的ディテール 後藤武
・ハンネス・マイヤー:イデアとポリティクス:ハンネス・マイヤーが刻印するもの 宮島照久
・エル・リシツキ―:「プロウン・ルーム」への招待状 丸山洋司
・フレデリック・キースラー:棺としての無現住居 田中純
・コンスタンチン・メーリニコフ:在来のものの自由な組み合わせ 松原弘典
・リチャード・ノイトラ:インターナショナル・スタイルを超えて ケン・タダシ・オオシマ
・ジークフリード・ギ―ディオン:近代建築を広報した男 五十嵐太郎
・ラスロ・モホリ=ナギ:モホリ=ナギ―Toward New Life/New Technology 米田明
・バックミンスター・フラー:ライフサイエンス、デザイン、そして建築 暮沢剛巳
・アルヴァー・アアルト:パロールの建築家 槻橋修
・マルト・スタム:「バウエン」の殉教者あるいは虚空に消えたアヴァンギャルド 矢代真己
・カレル・タイゲ:「構成」の詩学を説いたイデオローグ 矢代真己
・ジャン・プルーヴェ:アール・ヌーヴォーからジェット機へ 手塚貴晴
・アダルベルト・リベラ:モダン・サブライムのゆくえ 南泰裕
・ジュゼッペ・テラーニ:唯物論的フォーマリズム 後藤武
・オスカー・ニーマイヤー:All that is solid melts into air ブラジリアをめぐる―注釈、 暮沢剛巳
・ジョセフ・リクワート:起源への問いを通して近代を思考する歴史家 五十嵐太郎

状態:表紙・裏表紙に少しのスレ・ヨゴレ、周辺部に少しのイタミ、角に少しのハガレ。


特集:モダニズムの33人 モダニスト再考-海外編 建築文化1999年5月号
販売価格:

3,000円(税込3,240円)



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

>トップページに戻る