| | |











difott long zip bag


















product name:difott long zip bag
size:46×32×15(cm)
length of handle:30(cm)
price:17,950(yen)

※この商品は新品です。
※サイズには多少の誤差がある場合がございます。
※実物の色は画面上ではうまく表現されていない場合があります。


■difottの名前について
difott(ディフォット)は、「design is form of thought」というセンテンスの頭文字などをまとめた造語です。日本語に訳すと「デザインとは"考え"の形である」という様な意味となると思います。つまり、デザインというのは、形を作る事が第一にあるのではなくて、そのモノについての"思考"や"考え"を形にする事であるという意味です。これがdifottのブランドコンセプトとなっています。このセンテンスは、著名な建築批評家のエルウィン・ビライ氏の言葉「architecture is form of thought」に由来しています。ここで、彼の言う「建築」の定義が「デザイン」全般にも当てはまるのではないか。という考えのもとに「design is form of thought」というオリジナルなセンテンスを作りました。

■コンセプト
difottが初めてリリースする、口元にファスナーのついたバッグです。
デザインの出発点として、まず、口元にファスナーをつけるという事を決めました。それは、小さな事ですがdifottとしては、新しい試みでした。
ファスナーを今回のバッグのスタート地点とするために、ファスナーのデザインリサーチを開始しました。様々なメーカーの、ありとあらゆるファスナーを調べるうちに辿り着いたのが、今回使用している物です。
このバッグで使用したファスナーはヴィンテージ仕様のもので、テープ部分が綿で出来ています。一般的なファスナーでは、テープ部分にポリエステルを使用します。それは色落ちや伸縮などの機能的理由からです。機能的に優れてはいるのですが、少しの光沢感や生地の薄さなどがあり、物自体の存在感としては物足りない部分もあります。
もちろん、その手軽さが、バッグ全体のデザインに必要とされる場合ももちろんあります。ただ、今回に限っては、ファスナー自体がデザインのポイントになる必要があったので、綿テープを使用したこのファスナーを選択しました。
そして、バッグ全体のデザインも、このヴィンテージ仕様のファスナーから発想して行きました。具体的には、前ポケットのディテールなどに現れています。
このファスナーとポケットの付け方は、フライトジャケットの腕ポケットのディテールを参照しています。今回のファスナーのデザインにフィットするであろうディテールと判断しました。
また、今回のバッグに使用した生地も、ファスナーのヴィンテージ仕様のゴールドと、よく合う色のパラフィンキャンバスを選びました。(以前の2wayトートなどで、使用しているモノより厚手の帆布です。)
そして、口元にきなりの綿テープを巻く事で、重めのデザインとなっている今回のバッグに、少しの軽快さを与えました。

■difottのネームについて
difottのネームはブランドのコンセプトをわかりやすく解説するものとなっています。英語で書かれたテキストは「our product is form of thought about life. we make product by deciding proportion, material and light.」です。翻訳しますと、「私たちの製品は日常生活についての考えを形にしたものです。私たちは製品を、プロポーション、素材、その光を決める事によって作ります。」というような意味となります。先に書いたdifottの名前の由来をより、わかりやすく解説する内容となっています。また、ネームの中には、プロポーションに関する数字や、記号がさりげなく盛り込まれています。5:8というのは、歴史的に美しいとされている、黄金比を簡略化した数字です。また、右下の四角形は、その黄金比を含む図形として知られている黄金矩形です。このような、プロポーションについての考えをもとにdifottのプロダクトは作られています。


difott long zip bag
販売価格:

17,100円(税込18,468円)



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

>トップページに戻る