※弊店は12/27-1/8までお休みを頂きます。(26日午前までの注文は発送いたします)期間中の注文や質問はお受けできますが、発送は9日以降となりますことをご了承ください。

| | |











特集:メタボリズム再考 建築文化2000年8月号

彰国社 2000年、168ページ、ソフトカバー、size:230×305mm、日本語。

特集「メタボリズム再考」が収録されている号。八束はじめと石崎順一の対談「建築史・社会史のなかのメタボリズム」、シェリー・ウェンデルケンによる論考「メタボリズム-国際的なパースペクティブにおけるその諸相」、コク=メン・タンによる論考「シンガポールのスーパーメタボリズムとミュータントメタボリズム」、アラン・ギウーによる論考「行動=建築とメタボリズム」を収録しています。その他メタボリズムの建築作品の画像がテキストの合間に紹介されています。
前半は、竹原義二、横河健、原広司、渡部和男、岡田哲史の建築作品を紹介しています。

状態:表紙・裏表紙に少しのスレ。角に少しのハガレ。


特集:メタボリズム再考 建築文化2000年8月号
販売価格:

2,810円(税込3,035円)



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

>トップページに戻る